未成年の学生さんは電話でもお金が借りられるカレッジの学生ローンを利用しよう

学生さんでアルバイトをしている人は多いのですが、そのアルバイト代だけではお金が足りないということもあるでしょう。そんな学生さんは学生ローンを活用するのも一つの方法です。学生ローンを提供しているところはいくつかあるのですが、ここではカレッジについて紹介します。

学生だけどお金を借りたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

学生でもお金が借りられるの

お金を借りたいと考えている学生さんの多くが、消費者金融や銀行などのカードローンが利用できないかと考えていることでしょう。大手消費者金融なら全国に自動契約機が設置されていて手軽にお金を借りることができますし、銀行であれば低金利でお金を借りることができます。

利用できればとても便利なのですが、どちらも未成年には融資を行っていません。基本的には融資対象となる年齢は満20歳以上となっています。それでは未成年ではお金を借りられないのかと思ってしまいますが、学生ローンを利用することで未成年でも借入れをすることが可能です。

学生でも何かとお金は必要となります。どうしてもお金が必要な時には学生ローンを上手く活用しましょう。

学生ローンでの借入額は少額になる

消費者金融や銀行などのカードローンの限度額を見ると、最高1000万円というところもあり、もしかしたら自分もこのくらい借りられるのではと思っている人もいるかもしれませんね。しかし学生ローンでは利用限度額は低く設定されると考えておきましょう。

この利用限度額は、収入や職業、過去の返済履歴などを審査して返済能力によって決まることになります。学生の収入源はアルバイトということもあり、どうしても返済能力は低いと判断されて少額の融資額となります。家庭教師などをして高収入を得ている人もいるかもしれませんが、それでも学生ということで少額の融資となると考えておきましょう。

希望するほどの借入ができないかもしれませんが、急な出費によって月末の支払いで数万円足りないという時にも学生ローンは大きな助けとなってくれるでしょう。

学生ローンが利用できるカレッジとは

創業1977年のカレッジは学生ローン専門店で、その実績からも安心して利用することができます。お店は東京の高田馬場にありますが、遠方の方でも振り込みで融資を受けることも可能です。会員登録を済ませると電話をするだけで銀行口座にお金を振り込んでもらうこともできます。

融資額は千円~50万円まで、金利は15.00%~17.00%です。少額の融資となると、多くは上限金利が設定されることになります。

消費者金融では18%程度に上限金利を設定しているところが多いですが、カレッジでは上限金利が17%で、少額の融資でもお得な金利でお金を借りられるのが魅力です。

カレッジカードはATMが利用できる

大手消費者金融や銀行のカードローンは、提携しているATMも多いことから利便性が高いのが魅力の一つです。カレッジではこの利便性はどうなのかと気になる人もいるでしょう。小さなお店では借入や返済に手間がかかるのではと気になってしまいます。

カレッジでは電話一本でお金を借りることも可能ですが、電話をするのも面倒と感じる人もいるでしょう。カレッジでは全国のセブン銀行ATMを利用することができます。セブン銀行ATMは、全国のセブンイレブンに設置されているので、24時間利用することが可能です。

セブン銀行ATMを利用する際には、1万円以下で108円、一万円超で216円の手数料が必要です。

カレッジはセブン銀行ATMが利用できるだけでなく、他の学生ローンにはない自社ATMが利用できます。店舗脇に自社ATMが設置され、このATMを利用すれば手数料無料で借入や返済をすることができます。コンビニATMのように24時間利用できるわけではありませんが、365日利用できて、営業時間は7時~23時までです。

カレッジには他の学生ローンにはない利便性が高いところが大きな魅力でしょう。

学生ローンは学協の高幡不動店が便利

提出書類にはどんなものがあるの

消費者金融や銀行では、少額の融資であれば本人確認書類だけの提出で借り入れをすることができます。しかしカレッジでは、複数の提出書類を用意する必要があります。提出する書類は、学生証、運転免許証または保険証、キャッシュカード、公共料金の領収書です。

公共料金の領収書では住所や名前が確認できるものを提出します。来店する場合には、公共料金の領収書やキャッシュカードは不要で、学生証と免許証か保険証を提出します。この書類は審査通過した後に提出します。書類は公式サイトから提出書類の画像を送信することが可能です。

カレッジの返済日はいつ?

カレッジの返済日は、自分で都合の良い日に設定することができます。この設定した日の前後7日の間に返済を済ませます。この返済日を決めるときには、アルバイトの給料日直後が良いでしょう。ローンの返済は確実に行う必要があるため、できるだけ給料日に近い日を設定することで返済しやすくなります。

全額返済なら返済日にかかわらずいつでもできるので、余裕があれば早めに全額返済をすることも大切です。消費者金融と比べてもカレッジの上限金利は低めに設定されているのですが、それでも目的ローンと比べればとても高い金利です。

利息負担を減らすためにも早めの完済を心がけましょう。

利用する際の注意点

未成年でも利用できる学生ローンは、学生さんにとってとても便利なものですが借り過ぎには注意をしましょう。収入が少ないことで少し使い過ぎてしまって返済が遅れる可能性も出てきますが、お金を借りれば必ず返済日には返済を済ませる必要があります。

長期間にわたる滞納、返済が困難になり債務整理をすると金融事故として信用情報に記録されます。この状態になると他社からの借り入れが困難になります。信用情報の記録は一定期間保存され、学校を卒業しても自動車ローンや住宅ローンの審査に影響することになります。

学校を卒業したら、良い会社に入り、いい車を乗りたい、マイホームを建てたいと考えている人もいるのではないでしょうか。自動車ローンやマイカーローンの審査では信用情報を確認して過去の返済履歴などを確認されます。

この際に金融事故情報が記録されていると審査通過も難しくなってしまいます。学生ローンで他のローンの審査に悪影響を与えないように、学生ローンを利用する際には確実な返済を続けることが大切です。